MBAのインデックス投資日記

サラリーマン投資家です。2014年8月からインデックス投資を始めました。出世しそこねたMBAです。バリュー平均法でアーリーリタイヤを目指しています。

銀行預金や個人向け国債って本当に無リスクなのか?

 確かに、直感的には、日本円の銀行預金はリスクがないような気がする。

ただ、アメリカ人がポートフォリオを組むとしたら、無リスク資産として米ドル建ての国債などを買うのだろう、と思う。

 

そう考えると無リスクとは相対的な概念だと気付く。

アメリカ人と日本人では無リスク資産は異なるってことだ。

 

日本円の銀行預金は、日本人にとって為替リスクがない、といわれる。

同時にドルの預金は、アメリカ人にとって為替リスクがない、はずだ。

 

日本人が円預金を無リスクだと思うのはある種のホームバイアスなのでは?

 

グローバルに投資をしているのに、余裕資金で投資をしているポートフォリオが居住地に依存するのはなにか変だ。

 

これから米国が利上げをして、ドル高、円安になったら、円の価値は相対的に下がるはず。なので無理リスク資産の置き場として日本の個人向け国債を買うのではなく、外国債券インデックスでも買うのが有利なように思う。

 

結論

ドル高になるか円高になるかは、実はわからないので、日本円と外貨を一定割合で両方持つしかないのだろう。最初に決めたポートフォリオの割合を守ってリバランスすると自然に、リスクは下がるはずだ。

 

 

 ↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村