MBAのインデックス投資日記

2014年8月からインデックス投資を始めました。出世しそこねたMBAです。バリュー平均法で2018年3月にアーリーリタイヤしました。

プロ投資家を名乗るには?

 プロ投資家を名乗るには、やはり、投資だけで生活費すべてをまかなえてることが重要ですね。

  今日の時点で年初からの投資収入が131万円、支出が111万円となりましたので、概ね株だけで食えている状態になりました。

 いやー今年前半はー500万とかだったので、じわり買い増しして様子をみていたら、株価もどってきましたね。ほんまよかったです。

 日本株はこの5日間の連騰ですが、PERから考えてまだ騰がる余地があると考えています。今月中に2万4千円は超えてくるでしょう。なので日本株はしっかりホールドです。

 

↓↓↓こちらのブログも是非ごらんください。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

アーリーリタイヤの先輩 価格コムの創業者の悠々自適な生活

r25.jp

 

 価格コムの創業者の槙野さんは28歳で会社を25億で売ってリタイヤされたそうです。10億をグローバルソブリンで運用して毎月500万円の分配金を受け取っていたそうです。計算すると年6%で運用していたことになります。本当にこんな人もいるんですね。10億をグロソブで運用するのは、正直なところ雑な感じがしますが、25億お金があったら、消費しきれない運用益があって、働かずに、お金を使っても資産が増えるという永久機関が完成するのはよくわかります。

  さて、普通の人が、この永久機関を構築するにも必要な最低限の資産がだいたい1億だと思います。1億を3.75%で運用すると、手取年収り300万円になりますので、夫婦2人ほそぼそと暮らしていけるし、一人ならかなり余裕で暮らせます。1億ためで引退したいというのは、概ね妥当な目標に思えます。

 

↓↓↓↓こちらのブログも是非ごらんください。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

年金支給年齢70歳に向けて

 

「70歳まで雇用」義務づけ検討:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京

 

 昨日のワールドビジネスサテライトで言ってました。安倍首相は企業に70歳まで雇用を義務付ける法案を検討するように指示しているそうです。

 この法案を足掛かりに、年休の支給年齢は70歳まで引き上げられることになるでしょう。そして私たちが年金をもらう頃にはさらに「75歳まで引き上げになってる可能性もあります。

 私は年金がまったくもらえなくても大丈夫なように人生設計をしているので、平気なのですが、65歳からの年金をあてにしている人は、5年分の年金がふきとぶと思ってください。額にして1千万~1千250万ぐらいです。

 

 今の現状を鑑みると、個人としてとれる対策は、投資ぐらいしか思いつきません。投資は子育てが終わってからでも間に合います。初心者はまず3千万インデックスファンドに投資して不労所得100万円を目標に頑張ってみてください。100万円不労所得があるとかなり違います。一方投資してない人の老後は悲劇的なものになることが容易に想像できます。

 

↓↓↓↓こちらのブログも是非ごらんください。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

SBI証券:ニッセイ外国株式インデクスの投資マイレッジを0.03%に下げ

ニッセイ外国株式インデクスをSBI証券で保有している人は楽天証券への移管がお得かも? - MBAのインデックス投資日記

 

私は、ニッセイ外国株式インデックスを2、800万円ぐらいSBI証券保有しています。

以前は、投資マイレージが年0.05%付きました。

ただし、8月21日に当該ファンドの信託報酬がeMaxis Slim先進国株式と同率になったこの機に、9月から投資マイレージは年0.03%に低下しました。

一方楽天証券ではすべての投資信託に対して、年0.048%のポイントが付与されます。

 

またちょうど良いことに、楽天証券が他社からの投信移管のキャンペーンをやっています。

らくらく担保リリース記念!投資信託 移管キャンペーン

 

上記のことを総合すると、ニッセイ外国株式インデックスを多額保有している方は、楽天証券の移管キャンペーンを利用して、楽天証券に乗り換えるのが、お得だと思います。キャンペーンの期限は10月18日だそうです。

 

↓↓↓↓こちらのブログも是非ごらんください。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

日本株。買うなら自民党総裁選の前

 日本株が安いですね。ずっとPERが13台なので、企業業績が良いのに割安と感じます。この状態がずっと続くわけではなく、外国人投資家が買いに向かえばあっというまに2万4千円は行くでしょう。

 いつ上がるのかといえば自民党の総裁選で安倍3選が決まったら、アベノミクス継続となり外国人投資家は買いに向かうでしょう。なので、日本株を買うなら、それ以前に仕込んでおく必要があります。

 

↓↓↓↓こちらのブログも是非ごらんください。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

投資でリタイヤする人が増えると給料が上がる

 『10年後の仕事図鑑』読んで思ったんですが、投資でリタイヤする人が増えれば会社員で働く人の給料が上がると思いました。

 要するに、働かなくても食っていけるリタイヤ者が増えれば、ますます人で不足になり、売り手市場になるので、賃金があがると思うわけです。

 なので、投資で成功した人は、どんどんリタイヤして、好きな事だけして生きていけば世の中良くなるんじゃないかなと思うしだいです。

 誰がすき好んで社畜になるでしょうか。これからの時代、社畜になるひとには「我慢料」として高額な給料を払わないと人がこなくなるのでしょう。

10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑

 

 

 

↓↓↓↓こちらのブログも是非ごらんください。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

私の投資歴:NECグループに入社したからこそ投資をはじめた

 私が投資をはじめたのは20代の頃、バブルが崩壊する前、日興証券の営業の女性に勧誘されたのがきっかけでした。この女性とどうやって知り合ったのかというと、彼女は日興証券の前は住友銀行に勤務でうちの会社に出入りしていた人です。なぜ住友銀行の行員がうちの会社に出入りしていたかというと、うちの会社はNECグループで住友系列だったからです。

 この女性には多くのアクティブファンドを買わされてバブル崩壊で大損をするのですが、投資の入り口を作ってくれたということで感謝しています。

 この人の後任の人には日経平均連動の仕組債を買わされてこれもリーマンショックで大損します。これでアクティブファンドと株価連動仕組債はダメだと気づきました。

 「大損」と言っても、1千万の投資資金で500万損した程度なので、傷は浅かったですね。現金を沢山持っていたので、リーマンショックで暴落したところの日本株ETFを1千万買い、暴落した外国債券を600万買いました。1年ぐらいでかなりの利益が出たので、日本株ETFを売却し200万の利益を得ます。この利益で残っていたアクティブファンドを200万円損切りして、それから二度とアクティブファンド・仕組債には手を出していません。

 このころに、投資信託はこの8本から選びなさいなどに出会い、eMAXIS外国株式インデックスという低コスト(当時)のインデックスファンドの存在を知ります。

 

 

 アベノミクス相場が始まってから、日興証券保有していたNKコンパスという外国債券系のインデックスファンドがプラ転したので売却しました。これで日興証券投資信託を買うことは未来永劫なくなりました。

 しばらくは、ソフトバンク東芝など日本株を中心に買っていましたが、バーナンキショックで個別株の多くを狼狽売りしてしまいます。

 その後2014年に「敗者のゲーム」「確定拠出年金最良の運用術」に出会い、8月から投資方針書を策定しインデック投資+バリュー平均法というスタイルで今日に至ります。

 

敗者のゲーム〈原著第6版〉

敗者のゲーム〈原著第6版〉

 

 

 

「確定拠出年金」最良の運用術

「確定拠出年金」最良の運用術

 

 

 

 こうやって振り返ると、NECグループに入らなかった20代から投資を経験することはなかったかもしれません。

  

↓↓↓↓こちらのブログも是非ごらんください。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ